幼稚園の紹介

園長挨拶

 1973(昭和48)年6月、宗像市自由ケ丘2丁目(現在の宗像郵便局の地)に『東海大学付属自由ケ丘幼稚園』は誕生しました。1997(平成9)年1月、現在地に新築移転し、そして2016(平成28)年4月1日『幼保連携型 認定こども園 東海大学付属自由ケ丘幼稚園』として再スタートいたしました。 認定こども園は、単に幼稚園と保育所の双方の機能を併せ持ち、働くお母さまを応援するだけでなく、あくまでも教育を柱とした方針のもと、お子様自身のよりよい成長を応援するための教育機関です。
 これまで5751名の卒業生を出し、地元宗像市にしっかりと根を張ってまいりました。そして社会のさまざまなステージから、ベテラン・中堅・若手として活躍する卒業生の声が聞こえてまいります。 

 地元、宗像の皆様に可愛がられ、愛され続けて、人生の基盤である幼少期を心ゆたかに過ごす子どもたち。知識を与え教え込む教育ではなく、自分自身で学びを獲得する力と感性を磨く教育を信条としております。お蔭さまで、毎日たくさんの子どもたちの明るい笑顔と楽しい声があふれる幼稚園となりました。基本的な生活習慣や生活態度の涵養に努め、子ども・保護者・教職員が三位一体となって取り組んでまいります。同時に多様な子どもたちの力を育む保育を進め、心身ともにバランスの取れた人格形成の基礎づくりをお手伝い致します。

 あかるく すこやかに かしこく のぞみあふれた 東海っ子の成長にご期待下さい。
園長 中村 武徳